ケントのブログ(ふわふわ)

技術メモ、アイドル、演劇、美術など分からないなりに

Evernoteのノートブックが一部しか同期されない

Evernoteのクライアントソフト(Mac)内には4000近くノートブックがあるのに、Webで見ると最近の200くらいしか表示されない。

原因がいまいち分からないもののこちらを参考にして原因がふわふわっと分かったので対応法をメモ。

原因はいつぞやのノートかなにかが悪さをして、同期がそれ以後もろとも駄目になってしまったんだと考えました。要するに原因はよく分からないんですが、もっかいやり直してやればいいのかなということで、クライアントソフトで「退避→戻す」作業をしてみました。

試しに「233_いきたい」で例示。

「233_適当」という退避元と違うけども同じような名称のノートブックを作成します。「233_いきたい」の中身を「233_適当」へ丸ごと退避。全て退避した後再び「233_いきたい」へ戻します。

そうするとクライアントでは「ノートのインデックスを作成中...」と出ます。多分これが改善してくれてるのかなと想像。メッセージが消えたら同期ボタンを押します。同期が終えたらWeb版で確認します。元々0だった所にノートが表示されるようになりました。

これを同期しなおしたいノートブックに対して全て行います。

数が多い場合他のノートブックで同時進行させたいので接頭文字を統一したノートブックを作成しました。今回の例の場合「233_」ではじまるのを退避用にもうひとつ作りましたね。

同期のタイミングを「233_適当」に入れた状態でしたあと転送量を確認したとき、ちょろっと増えていました。こうなると全部の同期は容量オーバーで全ての復帰は無理でしたが、「233_適当」から戻した状況で同期した場合は転送量が増えていないようでした。別のノートブックへ行って戻すのは転送量は発生せず、インデックスを貼り直せる作業のようです。

一部不完全な所と言えば、有料会員時代の25MBを越えるファイルがエラーで同期できないようになってしまいました。僕の場合は大したファイルではないので分割するなりして対応できますので問題にはなりませんが。

今日も絶好調!!!

広告を非表示にする