読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケントのブログ(ふわふわ)

技術メモ、アイドル、演劇、美術など分からないなりに

BABYMETAL現場レポート 2012.12.20

kentno.comより移行 アイドル アイドル-BABYMETAL

image

先週の木曜日チケットを譲ってくれる方がいらっしゃって急遽BABYMETALのライブに参戦!ツイッターTLを見ていましたがものすごい物販列でしたのでチケット獲得は倍率高かったはずです。マキシマムザホルモンと同じデザイナーさんがデザインしたTシャツが欲しいなぁと思ってTLを見ていた時にたまたま見つけた譲ります情報のおかげでした。

現場はアイドルファン、コアな音楽ファンみたいな人たちがひしめきあっていました。女性もちらほらいて幅広い客層。聞くところいつもは見かけない暴れる専門みたいな人たちも居たらしく、迷惑がられていました。そんな新参がいるのは売れてきた証拠なのかな。

僕はBABYMETALは初の現場という事で遠目に広く見える場所に居ました。盛り上がりは始まりと同時に一気に爆発し、爆音のサウンドと伸びやかな声にが響き渡りました。曲の間は声とともにスクリーンに紙芝居的な映像が映され、アイドル時代に虐げられたメタルの神様キツネ様が神を降臨させられた。。。なストーリーが紹介される。今回はセンターのSU-METALの聖誕祭という事で、それにちなんだストーリー。エヴァネタやX JAPANなネタ、どこかで見た感じの「君かわうぃ~ね!」な敵の登場などなど、にやりとする演出もあって面白いなぁと感心。持ち歌がまだ少ないのでそういう演出とカバー曲の披露でフォローしてるんだなぁとまだこれからだって段階のアイドルについて勉強になりました。X JAPANのスタッフさんも絡んでるという噂もあるようでXネタがあったようです。首コルセット付きCDがあったりするのもそうなのかもしれませんね。

気になりポイントを箇条書き

  • MCがなかったこと。まだドルオタ浅いからでしょうね。理由としてはメンバーはMCがうまくいかないらしく、あたふたしているのがメタルな雰囲気を壊してしまうからだろうということでした。
  • BABYMETALにはヘドバンを冠する曲があるんですが、後ろから見ててファンによるヘドバンは見られませんでした(実際はあったのかな)。両手のキツネさんはこうべを何度も垂れてました。歌詞でヘドバンを推す箇所がありますが、曲調的にヘドバンに合わない気がしたのは僕だけなのかな。
  • 「ゲソ、ゲソ、イカゲソが食べたい、私はスルメ派なの」って歌詞の時におつまみのスルメイカを掲げてるファンがいたのは面白かったwww
  • グッヅは黒に白、もしくは赤のメタルテイストを踏襲。アイドルらしいペンライトとかはありませんでした。
  • アイドルがメタルをやるのは本気とも本気のネタとも取れます。どっちにせよ運営に腕がありますね。音楽興行に一日の長であるアミューズが所属事務所というのもあるんでしょう。

BABYMETALはさくら学院という成長過程のみ所属できるアミューズのアイドルユニットの重音部という部活という設定。今回の生誕祭を兼ねたライブでセンターのSU-METALが15(いちご)になってしまって、卒業という時限装置が働いているそうです。さくら学院は卒業してもBABYMETALはYoutubeなどで海外からも支持を得ています。僕も日本でMステに出たりはしないまでも、海外ではもっと支持を得て活躍できるんじゃないかと根拠のない勘でしかありませんがそう思います。なのでもしどうかなってしまうのなら残念です。

その辺の進退についてはIDZツアー最終章であるZ(epp Tokyo)で分かるのかもしれません。 校則は絶対的で惜しまれつつ儚く解散してしまうか、特例で活動を続けるか注目です。ファンが望むのは言わずもがなです。

アイドルに限らずですが、ライブや音楽を楽しむのも面白いですが、周辺の話をやんや議論するのも楽しいですね。 チケットを譲ってくれた方に終わったあとに4人での飲みに誘っていただきました。そこで聴いたお話を含めてこの記事を書きました。 アイドルの現場って、こういう楽しみもあるんですよね。ももクロでも知り合い増えましたし。アイドルを語るには要素が多いなぁー。

欄外反省

下書きをライブ後すぐに書いたものの放置してしまいました。こういうものは少しくらい誤字があってもちゃちゃっと上げた方がいいのかもしれませんね。自戒を込めて。

関連エントリー

BABYMETALの「いいね!」がいいね!なんDEATH!

広告を非表示にする