ケントのブログ(ふわふわ)

技術メモ、アイドル、演劇、美術など分からないなりに

【再読】宵山万華鏡

image

今度京都へ行くので森見登美彦さんの宵山万華鏡を再読した。

京都は日本の今と昔が混沌としていて艶やか。森見登美彦さんの本を読んでいけば京都がファンタジーにうつるようになります。

おかげで僕は京都と森見本の立派な中毒患者です。

 

内容は和のSFと言うべきか、まさにこの本の表紙のような内容。万華鏡のように宵山祇園祭のうちの宵山祭りというのがある)の京都がめくるめくのです。

こんなにも内容を表す見た目の本も少ない。
持っていてこんなに宝石のような本も少ない。
こんなに所有欲を満たしてくれる本も少ないですよね。

写真じゃ分かりませんが表面がキラキラしてるんです。


京都が楽しくなる本でオススメありませんか?

 

↓あえてソフトカバー版をオススメします。文庫もKindle版もあるみたいすが。 

 

おすすめ度:★★★★☆(誰にでもオススメ!)

広告を非表示にする