ケントのブログ(ふわふわ)

技術メモ、アイドル、演劇、美術など分からないなりに

アニメ見ない人向けオススメアニメを紹介してみた。

ちょっと前に仲間内で二度目の本の交換会を行いました。まだ読んでいないのでそのことについては後日書きたいと思ってます。

そして先日、本ばかりじゃなくて別のモノも紹介っこしあおうということになりまして、 参加メンバーにアニメ好きとアニメ無頓着が居たので今回アニメを紹介することとしました。

開催概要

開催概要はこんな感じです。
友人の家に半日引きこもっていくつかのアニメを紹介。 映画だと見切ってしまいたくなるのでテレビシリーズにして、興味が湧いたら各自続きを見てくださいってことにしました。 駅集合してそのままTSUTAYAでレンタルして会場の家へ。

紹介する観点としては「好きな作品」と「紹介して受け入れられる作品」は違うだろうということで、後者を意識してセレクトしました。 ジャンルもバラバラにしてどれかが引っかかればいいかなというスタンスです。 いつか「好きな作品」を紹介できるようになればいいね!

アニメに無頓着な人ってきっと「萌え絵」にアレルギーがありますよね。そうじゃない作品も沢山あるんですが、「萌え絵」がアニメを見る上で大きな障壁になってると。
まあ僕も好物かって言われたらそうではないですが、それがストーリー上大切な要素の一部だったりするので、萌豚(もえぶた)さんにように興奮せず「そういうもの」として受け入れています。

友人らに「見てみてよ!」とこれまでにも何度もオススメしてたんですが、はじめてのものってなかなか触手動きませんよね。ならば見せてしまえっていうのは本交換でオススメの本を渡してしまうのと同じ魂胆です

前置きが長くなりましたが、今回チョイスものをこちらでまとめておきたいと思います。 作品数は4つ。プレゼン相手は男女1名1名です。

ツラツラ説明文を書かせてもらってますが、実際これまで友人たちは中々触手を働かせてくれませんでした。僕は僕の説明文には期待していませんw

結果を話せばどれも好評で続きに興味を持ってくれました。 頑張って書いたのでこのあとの、紹介文を読んでいただければありがたいですが、とにかく見てくれ!見てくれればわかる!そういった気持ちです。

万人向けオススメアニメ!!4つ!!

コードギアス反逆のルルーシュ

これが大本命。これだけ興味持ってくれれば今回の会としては大成功な作品です。

絵はCLAMPで、女性に受け入れやすい絵だと思います。 ナイトメアフレームという5~7メートル大のロボットを操縦して日本を征服する神聖ブリタニア帝国を相手に抵抗戦争をします。 目を見て命令を出せば一度だけその命令に従ってくれるギアスという力を駆使する高校生ルルーシュが主人公。しかもこのルルーシュが大した策略家で、ブリタニアの転覆を狙っているんです!

女性に受け入れやすい絵。バトルもので男性も興奮。どんぱち戦うだけじゃなくて知的攻防戦もあってデスノート的でもあります!
いつも戦争しているわけじゃなく、実は表の顔は高校生。ほっこりした学園生活のシーンも面白いんです。 要するに、老若男女が楽しめる全部入りの意欲作なんです!

コードギアスは、シーズンが2つあります。 はじめは「コードギアス反逆のルルーシュ」で25話。 シーズン2が「コードギアス反逆のルルーシュ R2」で25話。

他にもサイドストーリーを描いたものや、別の主人公で描かれるスピンアウト作品である「コードギアス亡国のアキト」というのもあり、それは現在映画館で第三話が上映されています。

友人の男女ともに好評でした!きっと見てくれると思う!

「オレンジ」について一緒に笑える仲間が増えたことが嬉しいw

東のエデン

これも万人が受け入れやすい作品だと思います。11話+映画2話で完結というのも紹介しやすいですね。 デスノートコードギアスの様に騙し合いなどの駆け引きがあるので、これも知的興奮をもたらしてくれます

日本を舞台に、選ばれた11名のセレソンと呼ばれる人がそれぞれの価値観と方法で日本に平和をもたらすように奮闘する作品です。(←超簡単に言いました)

が!

その主人公である滝沢くんはワシントンDCで裸に携帯電話と拳銃を持って登場。しかも記憶喪失!

僕も久々に見ました。だいぶ忘れてたところ(なんで記憶喪失なんだっけ…)あったけどやっぱ面白いな〜。滝沢くんの王子様感は男が見てもいいねえ〜。

ハチミチとクローバーの羽海野チカさんがキャラクタデザインをしています。 この作品も女性に受け入れやすい絵になってますね。

コードギアスに比べたら短いし近いうちに僕も復習したいなー。

ひぐらしのなく頃に

これは模倣事件が発生するほど社会現象になった作品です。 萌えキャラがいるのでアニメアレルギーを引き起こしやすいですが、これはアニメオタク界隈で二次作品を発生させて作品の延命を図る、アニメ業界の手法と割りきって飲み込んでください。

のほほんとした雛見沢の村で凄惨な事件が発生します。 萌えキャラ&惨劇シーンがキツイので苦手な人はいると思いますが、作品としては優れていると思ったので今回紹介しました。

ひぐらしのなく頃に関しては、ネタバレは極度に避けるべき作品なのでコレ以上は控えますが、一つだけアドバイス。 「はじめはだいぶ怖いですが、我慢して見続けてください」。 途中から前のめりで画面を見てしまうほど面白くなってくると思います。

これは友人女性にはキツイかなということで、彼女が遅刻していたこともあって男性にだけ見せました。男性は今回の4作品のうち「ひぐらしのなく頃に」が一番続きが気になると言っていました。イェッス!!

ひぐらしのなく頃に」と「ひぐらしのなく頃に解」の25話前後のが2シーズンあります。

原作はゲームです。他にも小説や実写映画、オリジナルストーリーを加えたゲーム、アニメなど人気が高かったため関連作品が多いです。

ひぐらしを見たよ」と言うならひぐらしのなく頃に」と「ひぐらしのなく頃に解」を見ればOKです。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

これは僕は初見の作品でした。 僕は攻殻機動隊の映画のGHOST IN THE SHELLは見たことあります。

映画と同じ世界観、空気感でアニメなのに映画並に丁寧に作りこまれている感じは興味をそそりました。 1話だけしか見なかったので良し悪しは判断できませんでしたが、近いうちに続きを確認します! SFハードボイルドで、アニメーションという殻をかぶっていますが完全に大人の作品です。

あっさりした説明ですみません。

まとめ

まとめますと、

  • コードギアスはてんこ盛り!万人向けでオススメ!
  • 東のエデンは万人にオススメ!短めだし入りやすい!
  • ひぐらしのなく頃には「萌え」と「惨劇」で敬遠したくなるが、乗り越えられれば絶対印象に残る作品!
  • 攻殻機動隊は上質なアニメーションとして大人にオススメ。(説明する立場にないな俺…orz)

アニメを観ていない人にこそ観て欲しい、アニメへのいらん先入観を払拭してくれる作品たちです。 食わず嫌いはよくないなって思って手を伸ばしてみると、きっとそれは新しい世界ですよ!

広告を非表示にする