読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケントのブログ(ふわふわ)

技術メモ、アイドル、演劇、美術など分からないなりに

Red Bull Air Race Day1行ってきました!観戦するコツを紹介!

kentno.comより移行 スポーツ

日本初開催の人類最速レースRed Bull Air Race(以下 RBAR)を観てきました。

初開催で何準備していけばいいのかノウハウがなかったので、今後どなたかの役に立てばと。(もうこの時間じゃ遅いか?)

まず前提条件として僕はAエリアチケットの場合で書いてます。

持ち物

  • 飲食物の持ち込みは禁止されていました。入り口で没収されます(が、手作りおにぎり食べてる人はいるっちゃいました)。中で飲食物は販売されています。音楽フェスで見かけるような屋台が並んでます。
  • 座席はありません。砂浜で観ることになるのでレジャーシートがあるといいでしょう。目より高い位置を飛ぶので座ってても見えるんですが、みんな立って見ますので自分も立つことになるでしょう。そうなるとレジャーシートなくても問題無いですが、長丁場なので荷物を置いたり座ったり場所取りの意味を込めて持っていくことをオススメします。
  • 雨降った場合傘はダメみたいです。注意を知らない人らは持ってきてましたが。
  • 僕らだけなのかな特にパンフレットとかもらえませんでした。公式ページでルールやタイムテーブル、コースなどについて調べておくべし!最低限はここに書いていきますが。

観戦場所

  • 見上げるので砂浜のどこからでも見えます。10時OPEN 13時STARTで12時20分くらいにつきましたが、いくらでも隙間がありましたので気合入れて早く行く必要もないかな。
  • 観戦エリアにはディスプレイと実況解説のスピーカーがいくつかあります。その情報がレースを楽しむ鍵になるので、ディスプレイがとスピーカーが見える範囲・聞こえる範囲に陣取りましょう。

(チケットとしては次回もAエリアでいいんじゃないかな十分楽しめました)

レースのルールとタイムテーブルを知っておきましょう

当初僕は飛行機が低空で曲がりまくってレースするのを見れればいいと思って観戦しに行きましたが、それだけじゃ正直楽しめません。ルールが分かってないと飛行機が何台も同じ所を通ってるようにしか見えません。ルールをしっかり意識し始めると、選手が際どいところで切磋琢磨しているのを楽しみながら観ることができました。 レースのタイムテーブルを知らないひとらは、予選の本番が始まる前に帰ってしまってました。これからが本番だってのに・・・半分くらい減りましたよ。本当に。

タイムテーブル

タイムテーブルを確認しましょう。

RBARにはマスタークラスとその下のチャレンジャークラスがあります。Day1ではそれぞれがTraining(トレーニング)で練習飛行するのとQualifying(予選)の本番飛行の時間で分かれています。

(なんでトレーニング飛行があるのかですが、おそらく…好きに練習することもあるが公式と同じ計測方法でタイムを測ってこそコースの傾向を知ることが出来て本番にむけ対策できるから、でないかなと想像します。トレーニングでは180度ターンを低く回る人と高く回る人が居ました。予選本番はその中間の高さで回る人がほとんどでしたので、その高さがこのコースでは最適だという判断になったんでしょう。)

Day2については、チャレンジャーカップのあとは、マスタークラスの本戦が続くので紛らわしくなくていいですね。

シーズン

  • シーズン中に勝ちポイントを稼いで年間チャンピオンを決めます。(マリカーで言うとキノコカップとかフラワーカップとかの1カップが開催されていることと同じ)
  • 今回の日本の千葉幕張で行われるのは、キノコカップの中のマリオサーキットでのレースにあたります。もうすこし厳密にいうと今回の幕張は2015年シーズンの第2戦なので、キノコカップのドーナツ平原1にあたります。

ルール

  • タイムで速さを競います。
  • 規定に沿わない飛行をした場合はペナルティとしてタイムが加算されます。(↓主なペナルティ)
    • ゲートを通るときは決まった高さ以上だとペナルティ(スタートゲート:チェック部分、他:赤部分)
    • スタートは規定の速さ(200ノット・370km/h)以上で侵入するとペナルティ
    • ゲートに接触はペナルティ
    • ゲートを通るとき水平でないとペナルティ
    • 機体に10G以上かけるとペナルティ

その他のペナルティ

ディスプレイの見かた

レース中は、飛行姿も見ますがチラチラとディスプレイで状況確認することになると思います。 - タイムが表示されています。 - ゲート通過のラップタイムが表示されます。主にこの情報を見ることになるでしょう。緑だとより早いタイム。赤だと遅いタイムです。+0.01とかで競ってます。 - ペナルティがかせられた場合はペナルティの文字と数字(秒数)が表示されます。走行結果のタイムに加えられます。 - 180度折り返しターンの時には重力(G FORCE)の数字も表示されます。 - 中央にはカメラの映像、右には順位表示があります。

ラップタイムが緑(マイナス)で、ペナルティもない場合は拍手が起こります

1レースの流れ

  • スタート前から高さと速さをキープして、スモークを焚いてスタートゲートに侵入してスタート。スモークを焚いた状態飛ぶルールなんですが、スタートすることをSMOKE ONと言うらしいです。実況席ではやたら「スモーコンっ!」って言うのが気に入ってるのか、色んな言い方して楽しんでました。真似して言ってるお客さんもいましたよ。
  • 障害を避け、ゲートを通り、180度ターンなどして1周のタイムを競います。他のコースでは2周とかもあるのかな。
  • 予選では2回チャレンジできて速いタイムを採用。(本番も2回?)
  • その後は選手によってはファンサービスでキリモミ飛行したり、パタパタ機体を左右に倒して手を降ってるのかなって感じで飛行を見せてくれました。終わったあとの方がハッピーな飛行が見れるので観客は喜んで歓声をあげたり手を振ったりして湧いていました。あまりタイムが出なかった選手はそういう余裕もない感じで心なしか寂しい後ろ姿を見せて浦安(発着場・ピット)へ帰って行きました。レースの後も目を離さないほうがいいですよ!!
  • 良いタイムが出たら大きな拍手!残念な結果でも健闘を称える拍手が発生して良い雰囲気でした。

注目はやっぱり日本人室屋(むろや)選手!

一際湧く瞬間は日本人の室屋選手の飛行の時でした。観客の期待を感じていたのか飛行後のファンサービスもしっかり。明日は是非とも良い結果を出してもらいたいですね!!

他の時間・他のエリア

レースとレースの合間には海上でショーが行われたり、BMX(自転車による曲芸)なども見れるエリアがあって飛行機だけでないところでもイベントを盛り立ててくれています。海上の雰囲気はスポーツのイベントというより音楽のフェスに近い感じでした。 レース後にはDJが音楽やっちゃいますよー!ってアナウンスしていました。が、そんなこと知らない人ばかり。心の準備がない僕は帰ってきちゃいました。これ知ってたら若い人らはこれも含めて仲間で行ったりするんだろうね。今回勉強になっただけいいかね。

帰り道

浜辺から屋台とかあるエリアへの通路が細いので混雑します。それ以降は細い通路で人が減らされているのでスムーズに歩くことができました。我々は総武線の幕張本郷駅への直通バスを使って海浜幕張駅での混雑を回避しました。海浜幕張駅はだいぶ混んでましたかね?どうでしょう。
幕張本郷駅行きバスは空いてました。並ばずに乗れました。バス側としてはみっちり乗せて駅へ向かいたいところだったと思うんですが、人がぜんぜん殺到してなかったのでほどほどの状態で見切りをつけて発車するという感じでした。もしかしたら幕張本郷駅から帰るのは穴場ルートかもしれませんね。総武線の方が使い勝手がよかったりしますし。

日本初開催の人類最速レース!今回の興行が失敗だと判断されてしまったら次シーズンはもう見れないかもしれないという謎の動機もあり、予選だけでもという形で参加しました。 (スターウォーズ好きの僕としては、海上でやってるポッドレースという意識でも観てました。アナキンすげええ)

今回エアレースの楽しみ方を知ってしまったので、観戦したことのないモータースポーツも楽しめるかもしれません。(最近なんでも好きになってて困ります)

180度ターンでは「高くターンすると、上がるときに重力で減速して、下がりながら戻ってくるとき重力で加速し小さい半径で回れる」「低いままだと減速しないで回れるがその分半径が大きくなる」とかそういうことが分かってくると、チームごとの戦略を推測できて楽しくなってきますね。「トレーニングでこのコースをそう攻略するか」とか知った口をたたけるようになってきました。
一瞬だけ水平にするのとなだらかに水平にしてゲートを通るのではどっちがロスが少ないんだろうとか、理想の速い飛び方ってどういうのが良いとされているのかとかすごく気になって一緒に行った友人とあれこれと議論してました。楽しくなってきた証拠ですよね。

ああ!日本開催で室屋選手の気合十分だったんじゃないしら!そんな風に僕らは見えました!
新しい日本人のヒーローを見れて興奮しました!本当いいもん観たなあ〜!

だって海上封鎖して千葉市の協力の下大規模なイベントを開催だもんな〜世界にも良い宣伝ですし。市長も鼻高いんじゃないでしょうかね。反対勢力とかもあったんじゃないかなー。
ちなみに僕はすごくいいイベントだったと思いますよ。

明日の結果はテレビ放送されるそうなのでチェックしますよー! 公式サイトからもリアルタイムで確認できるんだったかな?(会場では電波悪くて確認は断念してました)

あとその場では気が付きませんでしたが、帰ってきたらだいぶ疲れてました。帰ってきてから2時間仮眠とったけどなかなかこのブログにとりかかる気力が出てきませんでしたからねえ。だからこんな時間ですよ(5/17 AM3:00) 曇っててすごしやすい環境だったんですけど、半日太陽の下ってなるとそれだけで疲れちゃうんでしょうね。

撮ったやーつ。ぜひ720pのHD画質で観てね!右下の歯車アイコンから代えられます。

練習本番を前に人減りましたが、この映像の人は減る前です。ごっそり減りました。
トレーニングだったので歓声はないです。

また日本に来た時、自分でこの記事読み返します〜!きっと読み返せますように!

Red Bull Air RaceRed Bull Air Race
RED BULL AIR RACE CHIBA 2015 ƒIƒtƒBƒVƒƒƒ‹ƒ`ƒPƒbƒgƒTƒCƒgRED BULL AIR RACE CHIBA 2015 オフィシャルチケットサイト
広告を非表示にする