読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケントのブログ(ふわふわ)

技術メモ、アイドル、演劇、美術など分からないなりに

ももクロ炎の七番勝負vs女子プロレス

kentno.comより移行 スポーツ

(今さらレポート)

僕としては炎の七番勝負vs映画(LV)に引き続いてのvs女子プロレス。 vs映画が幕が上がるの上映につながったように、ももクロちゃん女子プロレス界進出が将来的にあるかも!(ないにしても女子プロレスに良いインパクトを与えられるような何か。)そんな期待を胸に行ってまいりました。

ライブビューイングがあったものの非常に幸運なことに中野サンプラザで観ることがかないました。

珍しくスーツ率が高い現場。平日で当選しても確実に本人しか入場できないチケットだったので自ずとそうなったんでしょう。 当日わかる座席の位置。幸いなことに前から2列目というこれまでにない幸運。 恋のダンスサイトの時と1年ほど前にモーニング娘。で2度、中野サンプラザに来ましたが、両方とも後方の座席。(5月入ってからJuice=Juiceでも行きました。) こんなに天井高くて広いんだなぁとびっくりした。座席によってこうも違うかと。

トーク

女子プロレスとは何か、プロレスとは何か。プロレスを通して何を伝えようとしてきたのか。プロレスの凄さ。 などなどプロレスを見ているだけではわからない裏の心情の部分などをブル中野さん神取忍さんを対戦相手に知ることができました。 とりあえず見て!って初心者を巻き込むのもいいかもしれないけど、裏の純粋な部分を吐露するのを聞く方が初めての人に「観に行きたい」と思わせる力があるんじゃないかな。

ももクロが表現しようとしていることとプロレスラーが表現しようとしていることの多くが共通していて互いに戦う同士のような感覚が芽生えていました。

ミスター女子プロレス神取忍さんが、男子プロレスラーで現在しおりんのお父さんの天龍源一郎さんと戦った時の話が興味深かったです。天龍さんと同じリングに入った時点でやばいと感じてしまった。神取さんは倒されてしまったが試合は終わらない。天龍さんはこれ以上はやばいと考え、わざと表面をカットして流血でのドクターストップを狙っていたとのこと。結果、なかなか皮膚が厚くきれなくて顔はボコボコになってしまったが、天龍さんの凄さを知ることになった。天龍さんの強さと機転と神取さんがそれをリスペクトしている感じで語っていた姿は、次元の高いところで行われている話のようで心を打った。 (心を折るという言葉は神取さんがはじめてつかった言葉らしい)

ブル中野さんはトークのサービス精神が旺盛で面白いwオブラートに包まない言い回しは、現役姿と全く雰囲気が違う現在に残す唯一のヒールの部分か?w 毎試合の前にはチョイゲロしてたってカミングアウトは、東京03の豊本さん(女子プロレスファン)もびっくりしてた。 ヒール役のブル中野さんは、ヒーローの敵役なのに、強いヒーローが居なくなってしまった。ヒールとヒールで争う新時代をブルさんは作り、世界1にもなったらしい。名前だけしか知らなかったけど、その当時見ていたら絶対興奮していたんだろうなー。だって聞いてたその時ですらだいぶ興奮していましたもん。

迫力あるプロレスを目の前で見れた

会場のみんなが女子プロレスに興味がわいてきたクライマックスには実際に試合が行われました。

メンバーカラーのマスクを用意した4選手+セコンド入りの1選手の入場。 真横を通る選手…いい匂い! 他の人らがハイタッチしてたので僕も!と思ってハイタッチ! 思ったより軽く女性らしい力でのハイタッチでびっくり。(一般の軟弱男に対して手加減してくれてたのかもしれないですが。)

ももクロファンにはロック畑、プロレス畑から流れてきた人が多いと昔は言いました。 今でもその状況は変わってなかったのか、 プロレスの観方がわかる人が多かったお陰で大変盛り上がった。

中野サンプラザのステージ上にリングがあるもんだから、ジャンプがすごく高い! パワーもそうだけど華麗な攻撃の打ち合いが気持ちいい! 途中ももクロメンバー乱入で結構凄いのが入ってた気がするw素人恐ろしやw

ちょっと前に観たプロレスでは選手だけでなく観客も一緒に盛り上げていて、みんなでよい空間を作っている印象だった。 今回は初見だと静かになりがちだろうなってところを、みんなノリが良く盛り上がって見ることができたのはすごくよかった。

肉体と肉体とでぶつかり合いけがも伴うプロレスラーの思いを掘り起こしていったら、 根底ではももクロやアイドルと同じ思いを共有していた。 互いに体を張ったパフォーマンスをもって、観客に楽しんでもらう。 痛い思い、辛い思いをしながらもそれよりも大きな使命感と達成感を感じるももクロとプロレスラー神取忍ブル中野はお互いに認め合った。 そしてファンも(見える部分だけだが)ももクロを応援していた理由が、プロレスにも通じるとわかってプロレスの良さをつっかかりなしに呑み込めたのではないかと思う。 その効果か2日後のスターダムの試合に足を運んだももクロのファンもいたようだ。(僕は結局行かなかったが行こうか相当悩んだ)

(↑なぜかこんな調子の下書きが残ってたのでそのまま掲載してみましたw)

このときの様子今度BSスカパーで放送されるみたい。
こういう裏話から興味持つ人って多いと思います。
現役時代だと言えないことも多いだろうから正直無理なことだらけなんでしょうがね。モーニング娘。ASAYANで密着されてたみたいに、じっくり人間を追ったドラマを見れたらもっといろんなものが好きになれそうだな。

広告を非表示にする