読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケントのブログ(ふわふわ)

技術メモ、アイドル、演劇、美術など分からないなりに

「君の名は。」はご都合主義で、どうにも僕には入ってきませんでした。

自分が観たいかは別にして、シン・ゴジラの話題性に乗っかって観たら良かったので、同じ様に今話題の「君の名は。」を観てまいりました。 正直観たいタイプではないので躊躇しましたが、シンゴジラの時みたく観たら面白いかもしれない。新海誠さんの過去作を観てきてないとゆーのもありまして、食わず嫌いせず行こうとゆーことでレイトショー(コスト削減)で観てまいりました。

正直言うと「想定の範囲内」のものでした。

以前から定評のある絵は確かに綺麗でした。綺麗さは過剰なときもありますが、評価を落とすほどではありません。綺麗に越したことないですが、あくまでお話が大切。絵はスパイスになりますが、あくまでおまけ。

んでお話について(ここからネタバレ混)

人格入れ替わりは非現実ですが設定として受け入れます。ですが記憶の消え方が僕には受け入れられませんでした。

主人公のふたりにとっては不都合なタイミングで記憶が薄れてしまうのですが、物語の作り手側には都合がいい。好きなタイミングで記憶を消している感じがどうもご都合主義的で僕にはあいいれなかった

全く記憶を引き継がないなら引き継がない。全部引き継ぐなら引き継ぐ。少し引き継ぐなら、そのルール(5分間しか引継がないなど)が少なくとも見てる我々にとっては明確であるべきではないかと思います。

作り手の思い通りに記憶を操れてしまっているので、それはそれはやりたい放題です。話が劇的で感動的なものにするために都合よくふたりをひっかきまわしているようにしか感じませんでした。入れ換わった理由などに合点がいけば違ったのかもしれません。

設定、ルールを明確にしたら自然と登場人物が動き出しちゃう。そうおっしゃる作家さんや漫画家さんいらっしゃいますよね。そのくらいに明確にしないと、彼らは運命と戦ってるのか作者と戦ってるのか分からないです。というか、作者と戦っていましたね。

話の中心的要素は「入れ換わり」と「記憶の喪失」ですが、その「記憶の喪失」がこうも作者都合で作為的に用いられると面白く感じられませんでした。

その他思ったこと箇条書き

  • あんな綺麗な彗星が大災害を引き起こす。その恐怖。綺麗さと悲劇の根源というギャップ、意外性は良かったです。
  • 瀧君。キラ・ヤマトにしか見えなかった。
  • 瀧君。奥寺先輩に対して奥手で、入れ替わった時に胸揉むくらい下心あるのに、くちかみ酒には躊躇しなかった。躊躇するなり、下心出すなりちょっとはよぎるのが男子かと。あんなに胸を揉む描写を繰り返してたのに。切羽詰まってた?おばあちゃんの話を真剣に聞いてたくらいだからみなまで言うなと言う感じ?
  • 日記アプリの日記がなんで消えたのか分からない。わざわざああいう表現で消える?サマーウォーズ思いだしました。不思議なのは入れ換わりと記憶喪失だけに限られていないっていうルールのなさ。
  • 日付で3年の隔たりは勘づけないのか?写真展で糸守の被災に気が付かないのか?それもやっぱり記憶が都合よく消されて…
  • そもそもなんで二人が入れ替わることになったのか。
  • 三葉はかわいい
  • 糸守町避難作戦は興奮したが、町民の腰の重さにいらだち。最終的にどう間にあわせたのか気になる。
  • RADWIMPSが(あざといので)元々好きじゃない。好まれる理由は分からんでもない。だけどそれが映画の僕の評価をゆがめてるとは思っていない。(カラオケでモテるために(打算的なので)映画曲を練習しとこうかと思ったが、カラオケ行くこと最近ない。)

まとめ

作者都合の悲劇だったので悲劇と感じにくかったです。

最初に書いた「想定の範囲内」と言うのは「抗えない運命(設定)に負ける悲劇」で、もうひと段階行くなら「それに打ち勝った喜び」が描かれているんだろうなという想定をしていまして、「君の名は。」はその範囲内にすぎないものでした。この手の流れはよくあるのでダメとは言えるものではないのですが、やっぱりそこには観客の想像を越えた展開があるべきかなと思うのですが、それがなかった。

(「抗えない運命」は今回は「入れ換わり」と「記憶の喪失」。「悲劇」は二度と会えないこと。「喜び」は階段のシーンのこと。「抗えない運命」っちゅーのは、お涙ちょうだい系邦画で観るより前に分かりますよね。一番多いのは病気とか。 そういうのは食べる前から食傷気味なんですよね。それでも人気があるのは「ハンバーグは毎日食べても美味い!」って好きなものばかり食べて満足している子ども舌のように思います。美味いのは確かに賛同できるけどって話です。)

そんな「想定を超えない流れで、最後はお涙ちょうだい。」。そうなることを常に感じていたので面白く感じられなかったんでしょう。

いくつか絶賛しているブログ読みましたが、「~で泣いた」とかが多かったので、そんなとこには目もくれず、先入観なしに入り込んで観れている人が好んでいるのかなと思いました。

これが10日で38億円到達されるんだったら、ゴジラに申し訳たたないので1300円返して欲しいくらいですわ。(ケチ)

www.kiminona.com

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

広告を非表示にする