ケントのブログ(ふわふわ)

技術メモ、アイドル、演劇、美術など分からないなりに

ぼくのフォトレポ投稿方法!2012年版

僕はいわゆるフォトレポの中の人ですので、意欲的にフォトレポに日々投稿しています。 まだまだ機能的にも制限のあるなかスムーズに投稿する方法が固まってきましたので投稿します。

準備するものは下記の2点です。

フォトレポに投稿しようと思う人は持っていそうなものですね。

(ちなみにフォトレポとは現在iPhoneからの投稿はサポートしていません。)

STEP1 Dropboxを入れる「下準備」

iPhoneとパソコンのそれぞれにDropboxアプリをインストールします

↓はアカウントの作り方とパソコンとiPhoneへのインストール方法です。

インストールしましたら自動アップロード(UL)の設定をします。設定方法↓

STEP2 思い立った瞬間「iPhoneで撮影」

気になったお店やスポットがあったら、バシバシ撮影します! 肖像権などもありますのであまり人の顔が映ったりしないように気をつけましょう。 iPhoneだといつも手元にあるので、ふと思った時に撮影ができるのがうれしいのです。

STEP3 より美味しく魅力的に、暗く見づらい場合は「写真を加工」

もし必要であれば写真加工アプリを使って加工します。お好みの写真に仕上げましょう!

STEP4 時間の空いた時に「Dropboxアプリを起動」

Dropboxの写真自動アップロード機能で写真をDropboxへ送っちゃいます。 この作業の前に映りの悪い写真は削除して20枚まで減らすのもありですね。無駄なアップロードが省けます。

アップロードをしばらくしていないと全部あげるのに時間がかかります。

ですので僕はiPhoneDropboxスキーマアプリを使って、毎晩タイマー起動しています。URLスキーマは「dbapi-1://」です。

STEP5 あとはパソコンから「投稿」するだけ!

パソコンを起動!そうするだけでパソコンのDropboxのフォルダへ写真が流れ込んできます。 あとはフォトレポの投稿画面へ行き、タイトルとスポットを決めたらあとはアップロードです。

ファイル名が日付と時間になっているので、スポットにいた時間帯を思い出せば簡単に写真を選択できます。

iPhone5で撮影した写真ですと大体3MB以内に収まっていますが、時々3MBを超える場合があります。これは僕はMacのプレビューアプリでリサイズしています。ここはいずれどうにか改善したいところです。

最後に 

遠回しに書いてきましたが、分かる人へ向けて簡単に言えばDropboxアプリで自動アップロードしているだけですw僕はDropboxを使っていますが、iCloudでもいいのかもしれませんね。

ちょっと自虐りましたが、iPhoneとかを使って気軽に撮影してケーブルレスに写真がパソコンに送られていると言うのは楽なんですよね。

出先で写真を撮って、帰宅して投稿という流れはなかなか楽しいんですよね。 機能改善もしてより快適なフォトレポライフをおくれるよう頑張ります!

広告を非表示にする