読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケントのブログ(ふわふわ)

技術メモ、アイドル、演劇、美術など分からないなりに

【BABYMETAL】赤い夜はコルセットと魔法陣と心配事【日本武道館2daysレポート】

kentno.comより移行 アイドル アイドル-BABYMETAL ライブ

異色の全員コルセット!

今回は「巨大コルセット祭り」というサブタイトル通り、全員に配布される首コルセットの着用義務があるLIVEである。僕をはじめ 初めてコルセットをした人も多いはず。

つけごこちは締める程度にもよるが想像より全く違和感なし。弊害といえば小便するときに見下ろしづらいことか?w実際にヘドバンする時は腰から背中、首にかけてを使うことになる。しかし武道館では省スペースな座席で行うことになるので首だけを振ってヘドバンすることになる。今回の場合はここぞという時はアゴがつっかえてヘドバンがしづらいのだ。首を痛めないためのモノなのでちゃんと本来の性能は発揮しています(どないやねん!)。

魔法陣上での武道会

舞台は公式グッヅのバンダナを具現化したような形。

これが作り物とは言え、ゲームやアニメ以外でのリアル魔法陣をはじめて観ました!しかもライブが始まって暗転すると赤いLEDで線がくっきり浮かび上がる!

装置としては魔法陣中央がの床が時計回りに回転。さらにその中央は2人分の広さの円のリフトアップがSU-METALを神々しく持ち上げる。真横の東側からみたのでバックスクリーンはよく見えなかったが、ディスプレイ2つと中央に階段があるくらい。余計なモノは廃し魔法陣のある天下一武道会」を具現化したステージでした。日本武道館で「天下一(メタル)武道会」をやりたいというBABYMETAL陣営男子の、いや日本人男子の夢ともバカ話とも言える舞台でした。

宗教(LIVE)開始

円形に魔法陣を囲う客全員で行う、「ハハー」と手がキツネでするお辞儀は圧巻。「アイドルは宗教だ」と言う事がある。まさにBABYMETALはそうなのである。神バンドを引き連れ、狐様の告げに従いメタルレジスタンスを行うのがBABYMETALなのである。「アイドルは宗教?ならそうしちゃえ!それでいいじゃない」そんなノリがいつかBABYMETAL陣営であったに違いない。「それでいいのだ(by バカボンのパパ)」精神でしがらみを吹っ切ってしまったからこそこの異様な盛り上がりが出来上がるのだ。このステージはこの光景を生み出す為に作られた装置なんだと体感しました。

そう解釈してしまうと、3人は仏教で言う三尊なのかもしれない。SU-METALを中心に歌声で救済を施し、両脇時のYUI/MOA-METALがその両腕として走り回る。去年末の爆破されたマリア(?)像を思い出すならば、キリスト教でいう聖母マリアがSU-METALで、二人は天使なのかもしれない。アカツキを歌うその歌声は、爆音の空間を無音ではなく歌声の響く静寂を作り出す。皆が聞き惚れるのだ。

爆音で破壊的でありながら、歌声に清浄さも持ち合わせ、パフォーマンスはかっこよくもあり、歌詞はかわいくもある。全てがきれいに交わっているのがBABYMETALなのである。

いつもMC入れてくれだどか、もう少しLIVE時間延ばせとか文句を言ってますがwただ贅沢なだけで実は完璧なのである。だからなんだかんだ言ってライブに通い続けてしまっているんです。(いつも文句ばかりすみませんw;文句ばっかり言ってるからか今日ライブ開始の映像でMCありませんて忠告が入ってましたw^;)

結末

合間合間は神バンドがつなぐくらいでおなじみの映像によるストーリー展開はなかった。なんだかよく分からないけど、メタル武道会は制したようだ。明日のDOOMSDAY(最後の審判)に引き継がれた。

一部では最後の審判というサブタイトルから解散が発表されるのではという憶測もあるようだ。サブタイトルに加えて先の予定が発表されていない事もその憶測の原因だと思われる。先の予定が発表されていないのは毎度の事。大きな発表は明日必ずある。しかもこれまでの経験上、今回と同じかより大きな会場のを半年後とか年末にね。その間を野外ライブ、フェスで埋めて行くんでしょう。あまり変化球を投げてこなかったのでこれまで通りならばそう予想します。

まだまだ売れる余白があるのに解散の不安があるのってなんでだろう。 - 一年遅れのさくら学院の呪い(卒業ルール)か?(去年の解散するかもしれない恐怖が拭い切れていない) - ライブ演出・戦略が手堅くて、大きな変化がない(僕だけ感じてるだけかもすんません)…もしかして、もう打つ手がないんじゃないか?⇒解散?というロジックか どちらも杞憂だと思います。大丈夫でしょう!まだまだ大きくなりますよ!信じましょう!

YUI-METALが落下した。

LIVEは後半でYUI/MOAが東西に分かれて客をあおっていた。僕のいる東側舞台の客はMOA-METALに盛り立てられ声援を送っていた。フッと目のはしで奥側(西側)舞台で残像が見えた気がした。YUI-METALがいない?落ちた?…いない。確かにいないけれど、落ちたのをしっかり見ていたわけではなかったので、これは演出なのかもしれないという可能性も考えていた。

だけどやっぱりいない。中央にいるSU-METALの元にMOA-METALが来て踊り続けるも、1人姿が欠けている。滞りなく進めるために動揺を見せずMOA-METAL SU-METALは何も変わらずにパフォーマンスを続ける!客の方も異変には気づいているが、プロ根性を見せつける2人と、LIVEを停めて自分を責めてしまうかもしれないYUI-METALに「気にするな!戻ってこい!待ってるぞ!」という熱い気持ちを載せたように更にヒートアップ!そのまま1曲終えた。

終えて暗転。それが長く続く、、、、やっぱり何かあったのだ。ステージから落ちたのかもしれない。様子も伝わってこず、不安にかられる。

しばらく続く暗闇のなか徐々にYUI-METALコールが大きくなる!反対側の僕らには何が起こったのかは分からないが、何かが起こったのは確かだった。武道館全体でエールを送る。しばらくしてイジメ、ダメ、ゼッタイのイントロがはじまった。 そこにはYUI-METALを含む3人の姿があった。YUI-METALの復活!降臨!

アクシデントの後なので妙に歌詞が響いて来た。 「いとしくて せつなくて こころ強くて これ以上 もう君の泣き顔は見たくない」 「傷ついて 傷つけて 傷だらけになるのさ キツネ(飛べ) キツネ(飛べ) きっと飛べるよ 苦しみも 悲しみも 全て解き放て 君を守るから」 強い心から発せられたこの言葉は皆の胸を打ったはず。

落ち方を見ていないので大変な落ち方をしたのか、うまいこと着地出来たのか分からなかったが無事の様でよかった。しかし未だ公式見解なし。最悪の場合明日中止ってこともあるかもしれないとよぎってしまう。心配している人が多いので公式に状況を発信してほしい所。

気になってなんやかんや言うこともできるが、気にしてないフリをするのも優しさなんだろう。そんな優しさが日本武道館を包んでいた。

QJももクロパンフ、ももクロ活字録を書いている小島さん風にドラマティックに主観的なテイストで書いてみました。明日もキツネ様お祀りするぞー!!

おまけ動画

翌日のレポート:【BABYMETAL】黒い夜は安心とスルメ派と異国でレジスタンス【日本武道館2daysレポート】

広告を非表示にする